hironote

ヒロノートは岩手県洋野町地域おこし協力隊の活動ブログです。

活動

ウニの取り組みを学んで体験できるお試しツアーを開催しました!《後編》

更新日:

オオハラ
こんにちは、後編を書くのを忘れそうになっていました。

この日はウニ漁も終わり漁港で剥きの作業が行われていたので、そちらも少し覗かせてもらいました。

 ウニの剝き身作業見学

ウニの身は、殻を割り、肝やワタと言われる部分を取り、身をキレイにしてから瓶詰めなどに使われます。この肝やワタを取る作業が大変で、キレイに取らないと身が崩れるので、とても慣れるまで難しいです。手間が掛かる作業だなと思いました。

 

ウニの殻割り体験

そのあとウニーク前に移動し実際に自分たちで殻割りを体験しました。殻付きウニは殻を割るまで身入りが良いか分かりませんが、今回割ったウニはどれも身入りが良かった!というか洋野町のウニはほとんど身入りが良いのかも。

残酷に感じる人もいるかもしれませんが、ウニの身をキレイに取り出す大変さと、食べ物のありがたみを改めて感じられる体験でした。

海産物やお土産品の購入、お昼も食べることができるひろの水産会館ウニークはこちら。

この後はお待ちかねの昼食!

はまなす亭でランチ

今回はウニ尽くしツアーということで、参加者にウニ尽くし御膳5,000円か生うに丼2,500円かを事前に選んでもらいました。

ウニ尽くし御膳がこちら!

いやー贅沢!

生ウニ丼はこちら!

さっきの殻割り体験でもウニを食べたのに、さらに生ウニ食べるという贅沢!美味しかったです!

はまなす亭についてはこちら

次は水産加工会社の工場見学。

(株)宏八屋(コウハチヤ)さんの工場見学

今回は工事中ということで、加工作業は見ることが出来ませんでした。

ですが震災後のお話や今後の工場での作業を聞くことができました。

この工場は震災で海水を被り、その影響で色んなところが錆びたりガタがきているそうです。

今回ようやく一部の改修作業に着手できたそうです。

工事中のところですが、見せていただき大変ありがたかったです。

今度は是非作業しているところを見学させていただきたいと思います。

生ウニや、ウニの加工品、その他海産物を取り扱う宏八屋さんはこちら。

そのあとはひろの水産会館ウニークで意見交換会を行いました。

意見交換会

参加した感想や、商品化に向けてのアドバイスを皆さんからいただきました。

こんな感想をいただきました。

・意外と知らないウニの生態を分かりやすく説明してくれて良かった。

・ウニ料理が美味しかった。その料理の説明も聞けて良かった。

・ウニが苦手だったけど美味しいと思った。

オオハラ
苦手だったのに参加してくれて感謝ですwwウニが苦手だった人が美味しいと思うなんて最高にうれしいですね。

・貴重な体験ができて良かった。

こんなアドバイスをいただきました。

・ガイドの育成
地元の方の話を聞けて面白いという声もありますが、一人が連続して全体を説明できれば、確かに関係者との調整などは楽になるなーと思いました。

・洋野町の説明をもう少ししても良いと思う。

・トイレや水分の案内がもっと欲しかった。

このツアーを今後どうするかというのは今のところありませんが、また行う場合はみなさんの意見を参考により楽しいツアーにしたいと思います。

今回の『ウニ尽くしのよくばり体験ツアー』はこうして終了しました。

オオハラ
参加していただいたみなさん、関わっていただいたみなさん大変ありがとうございました!

 

番外編

今回のツアーでさり気なく登場している、ウニの帽子は洋野町在住のニット帽作家YUCCAさんから譲り受けたものです。

大原がYUCCAさんに買いたいので作って欲しいとお願いしたところ、「自分の分は作ればいいので是非使ってください!」と譲り受けました。

本当にありがとうございます!またちょこちょこウニ帽子が登場するかもしれません。

そちらもお楽しみに!

 

YUCCAさんの情報はこちら!

http://www.facebook.com/yuka8181sasaki

https://www.instagram.com/81yucca81/

 

あとMACHI LOGでこんな記事にしていただきました。

岩手移住:地域おこし協力隊の迷いとチャレンジ−岩手県洋野町

書いてくれたのは北限の海女観光ピーアール隊で活躍中の「藤織ジュンさん」!

オオハラ
髪の毛が伸びきっていたので、切っとけば良かったな〜(笑)記事にしていただきありがとうございました!

 

前編はこちら!

ウニの取り組みを学んで体験できるお試しツアーを開催しました!《前編》

今回のお試しツアーは昨年三陸観光プランナー養成塾という研修に参加し、作ったツアーをトライアルツアーとして実践し、最後に商品化するにはどうしたらいいかなどを話し合いました。 栽培センターでは稚ウニ(赤ち ...

続きを見る

-活動
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© hironote , 2018 All Rights Reserved.