hironote

ヒロノートは岩手県洋野町地域おこし協力隊の活動ブログです。

活動

学生の皆さんと壁の下地塗りを行いました!

投稿日:

洋野町内の空き家、空き店舗を活用したい!

いろいろな方に物件を見てもらう中で、もっと新しい物件を使えば?との声もありました。でもこの雰囲気が素敵だと思うんです。

この雰囲気を残しつつ快適な空間にできたら、今町内にある空き家は地域の宝物になるかも…なんて思ったりして。

 

先日、盛岡市の岩手県立大学の学生さんたちが授業の一環で洋野町を訪れてくれました。

ちょっと挨拶と今日の流れをお話しして、物件を見てもらいます。

隣の古民家とガラッと雰囲気の違うバーも見てもらいました。

 

物件見学の後、自由に周辺を歩いて町内の飲食店やいろんなお店に入ってもらいました。

食事をとった後、本屋さんでアイスを買ったり、スーパーでコーヒーをテイクアウトなど、短い時間の中、商店街を満喫してもらったようです。

天気も良かったので海に行けた人もいたかな?

午後になり、今日はどのような作業をするか、ちょっとお話をしました。

 

さて、作業開始です!

まずは掃除をして壁の汚れを取ります。

マスキングテープを貼り、ローラーでぬりぬり。端は刷毛でペタペタ。

実はマスキングテープが足りなくなり、途中で買い出しに行ってもらいました。

子どもも一緒に参加できるイベントも楽しいですね!

後半、みんなどんどん上手になっていきました。

 

塗る道具が足りないので、手が空いた人は畳運びや窓の掃除もしてくれました。

藁でできた昔の畳はとても重いのですが、みんなで運ぶと早い!

 

窓が外せず、埃だらけだった窓周りもとってもきれいになりました。

 

くもりガラスのようだった窓は、あるのかわからないほどピカピカに!

 

最後に集合写真!

半分終わればいいと思っていたのですが、なんと終了時間を過ぎてまで作業をしてくれて、すべて塗り終わりました!

準備や私の説明の補足、片付け、写真撮影など、スタッフとしてかかわってくれたみんなも、とても心強かったです。

 

バスでまた2時間以上かけて盛岡へ。

洋服が汚れちゃった人もいましたね。でも頑張った証拠!

お疲れさまでした。また来てねー!と見送ります。

 

こちらは後日の写真です。

手前の大きな雨戸4枚を閉めたままの写真ですが、こんなに明るい!!

窓を磨いて壁が白くなるとこんなに雰囲気が違うんですね!

次は今回塗った下地の上に水性塗料を塗ろうと思っています。

今回、参加したいと言ってくれたけれど都合が合わなかった方や、前回座談会に参加していただいた方、興味がある方は次回ご参加お願いいたします!

 

マツダ
ここで次回の作業日程の予告をしたかったのですが、水性塗料の前にいろいろと準備が必要な可能性が出てきましたよ。

古民家改装あるあるですね♪それも楽しんでいきましょう!

次回へ続く…

 

 

 

-活動

Copyright© hironote , 2019 All Rights Reserved.