hironote

ヒロノートは岩手県洋野町地域おこし協力隊の活動ブログです。

活動

廃校を活用した、おおのパン工房でパンづくり体験をしてきました!

投稿日:

オオハラ
人生初のパンづくり体験をしてきました!

おおのパン工房は旧水沢小学校をパン工房として活用し、パンの製造や体験を行っています。

まずパン工房の2階の教室で体験をするんですが、明らかに元音楽室!そんな懐かしい雰囲気も感じられていいんですよね。

パンづくり体験の流れ

①用意してもらった生地を切り分けて、軽く丸めてトレーに置く(その後少し時間おく)

②切り分けた生地で好きな形を作っていく。ここでチョコチップを入れたり、チーズを入れたりできます。

③パンを焼いてもらう

④焼きあがるまで40分くらい待つ

焼いてる間はおおのキャンパスなどで過ごし、焼きあがったものをスタッフの方が取ってきてくれるので、おおのキャンパスで受け取ることができました。

 

作業はこんな感じ

まず生地を60グラムを1人2個になるよう切り分けました。最初の生地はとても柔らかく弾力があり、丸めていて気持ちいいんです!今でもこの感触を味わいたい気持ちになります。

おおのパン工房のパンには、地元産の雑穀いなきび・ヒエ・あわが使用されており、今回の生地には卵、バターは使用していないそうで、アレルギーがある方にも安心のパンを作ることができます。

 

今度は最初に分けた生地を好きな形に作っていく作業です。

この形づくる作業はだいたい15分くらいで行わなければいけないので、どんな形を作るかは考えておいた方が良さそうでした。

この作業が難しい!中々思うような形に作れないしコネ過ぎれば硬くなってしまいます。さらにしっかりとした形を作らないと、焼きあがって膨らんだ時にパーツが分からなくなってしまいます。

この辺の加減が難しく、パン作りの奥深さを実感しました。

オオハラ
下の列真ん中2個を子どもと作りました!こうして客観的に見るとひどい!アンパンマン年老いたな(笑)

他に参加していた子どもの作品タコ!パンでタコ作るなんて斬新!

ドラえもんがうまい!うまく焼きあがればいいんだけど、、、。

こんな三つ編みを作った人もいました。三つ編みのパンって大変なんだなと見ていて知りました。

なんか売っていると簡単に作られているように見えますけどね。

そしてこれを焼いてもらい、遊んで待っていればOK!

そして焼きあがったのがこちら!

写真撮れていないパンもあります、すみません。

やっぱり焼きあがると膨らんで少し形が変わってしまうんですよね。

こういう計算をして世の中のパンは作られているんですね〜。

オオハラ
年老いたアンパンマンは一番右、こんなんなりました!

 

パン作り体験は一人980円、申し込みはグリーンヒルおおので0194-65-2266へお申し込みください!

オオハラ
パン作りって思ったより難しい自分のセンスの無さを痛感しました!そんなことも楽しいパン作りでした!

-活動
-, , , , , ,

Copyright© hironote , 2018 All Rights Reserved.