hironote

ヒロノートは岩手県洋野町地域おこし協力隊の活動ブログです。

活動

花巻市の地域おこし協力隊と奥州市を視察してきました!

更新日:

こんにちは大原です。

現在花巻市の地域おこし協力隊と、県内の協力隊の活動と受け入れ環境を視察し、協力隊同士の事業創出や、交流、事例を学ぶというのをテーマに勉強会を行っています。

理由は地域おこし協力隊も色んな研修やセミナーの案内をいただき大変ありがたいのですが、自分たちが本当に行ってみたい!この人の話聞いてみたい!というところに自分たちで行くものいいだろうと思い企画しました。

そこで先日は奥州市に視察に行ってきました。

なぜ奥州市なのかと言いますと、デザイン業務や託児所併設のカフェ『Cafe&Living UCHIDA』を運営している(株)cokage studioさんが『Walk on Soil』プロジェクトとして3名の地域おこし協力隊と活動しており、さらに市役所で受け入れている協力隊が3名と2パターンの受け入れ態勢で合計6名の協力隊が活動しているからです。

今回参加した松田と大原の感想をお伝えしたいと思います。

画材屋さんだった建物をリノベーションしたCafe&Living UCHIDA

元のお店の名前UCHIDAをそのまま使ったそうです。

ゴミを出来るだけ出さないよう、廃材などを約1年かけて集め、自分たちでできるところは全て自分たちでリノベーション したそうです。

cokage studioさんと活動する協力隊はここの3階を事務所として活動しています。

ブログを書きながら、この写真を見る度に食べたくなるカレー。めちゃくちゃ美味しかった!

代表の川島さんから協力隊を受け入れることになった経緯と、お店を作った経緯をお話ししていただきました。詳しくはコロカルの記事で!

お話の中にあった『子育てのサードプレイス』という表現は色んな意味でこれから大事だなと感じました。子どもをみてもらえるだけではなく、いつもと違う場所で色んな人が交わる場所で、子どもが何かを感じるという意味でも良いなと思いました。

カフェの奥にある託児所

僕も3歳と0歳の子どもがいるので、小さい子どもが居るとカフェに行きにくくなる気持ちが本当によくわかるので、こういうスペースは嬉しい!

2Fにある古道具屋『FUCHI』

どれも古いモノだったりするのに、どこを切り取ってもオシャレに見える空間でした。「こういうの実家にあったー!」なんて言いながらみんな楽しそうに見てました。

南部鉄器のお店 OIGEN FACTORY SHOP

南部鉄器の工場に作られたショップ。無骨な感じがたまりません。

アウトドアで使えるモノから鉄瓶まで揃い、一つ一つに丁寧さを感じ時間を忘れてじっくり見てしまいました。

リンゴ農家さんが作ったカフェMizusaki Note

圧巻のリンゴジャムの種類!

 

蔵町モール

2階に広々としたキッズスペースを用意している、cafe&dinner CLASSICO

二人の感想

マツダ
奥州市で視察したどの建物も素敵でした。またどの店舗も子どもを連れてきていいよという雰囲気があって、とても好感が持てました。
オオハラ
見たのはまだまだ一部分なんだと思いますが、奥州市に新たな文化が育っているように感じました。また地域おこし協力隊の活動環境も今後もっと多様になり、一つの新しい働き方になるといいなと思いました。

 

-活動
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© hironote , 2019 All Rights Reserved.